2006年06月13日

【学術的にも結婚は男性にマイナス】

【学術的にも結婚は男性にマイナス】

結婚は男性の精神健康にマイナスとなるが、女子にはプラスになる、という研究結
果が出された。(中央日報)

男性は結婚せず、同居する方がストレスを受けないが、女性は結婚すれば、心理的
安定感が高まるという。

結婚した場合、女性がより積極的に財産権を行使することができ、夫も離婚した場合
は慰謝料や養育費などの負担感のため、家庭生活に忠実になるしかない。

こうした状況が、男性には精神的ストレスになるというのだ。

また女性の場合、男性に比べて、本能的に子供の養育や家庭の安全に執着するた
め、結婚という安全装置を好む、と分析された。

同じ脈絡から男女が別れる場合、女性が男性より大きなストレスを受けた。

女性の場合、離婚を経験をした人よりも、最初から独身で過ごす人の方が精神病症
状に苦しむ可能性が少ない、と評価された。


posted by 結婚は人生の墓場だ! at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【結婚は不平等条約】

【結婚は不平等条約】

結婚についての古い考え方を変える必要がある
結婚=終身刑・不平等条約。披露宴=最後の晩餐。
会社について古い考えから抜け出せない団塊世代
結婚について古い考えから抜け出せない30・40代
根本的な価値観が変わりつつあることに気付かないと
団塊世代が会社に忠義を尽くすことが当然考え、
会社=人生、全て。会社そのものを疑うことを知らない。
その末路は・・・リストラ・過労死。
30・40代が結婚するとこは当然と考え、
結婚=義務、当然。結婚しないと恥。結婚の価値を疑わない。
その末路は、旦那は死ぬほど働いてる。昼は吉野屋で牛丼。
妻は友達とファミレスでおしゃべり。気分転換のパートと
家事をさも大変そうにこなし。深夜に帰ってくる旦那とは会話なし。
子供とも仕事が忙しく接する暇なし。あげくに熟年離婚。
もう気付いてもいいころだ、結婚=不平等条約だってことに
posted by 結婚は人生の墓場だ! at 18:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今の女達は全く働かない】

【今の女達は全く働かない】

女はすぐに「育児がある」「女はか弱い」などといって労働から逃げる。
中国でも、アメリカでも、戦前の日本でも90パーセントは共働き。

会社の仕事だって、経営、営業、経理では力は必要ない。
ほとんどの技術の仕事も、フォークリフトなどで大幅に力仕事はへった。

すくなくとも、昔の農村部の女性がやっていた、田植えなんかにくらべれば、
今の男性の力仕事も力仕事とはいえない。

また、女性は子供が生まれたら3年くらいしたら、充分はたらけるはず。

昔の女は妊娠6ヶ月くらいまではバリバリ働いていたし、
子供が生れても、親にあずけるもしくはおぶって働いていたのだ。


posted by 結婚は人生の墓場だ! at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女は常に、自分が「求められる存在」でありたい、と思っている。

→女は常に、自分が「求められる存在」でありたい、と思っている。

なのに男が「結婚なんてしたくないなぁ」と言い出すと、それは脅威であり不快である。

→女が欲するのは「永遠の生活保証」である。

なのに男が「結婚なんてしたくないなぁ」と言い出すと、それは脅威であり不快である。

→女が欲するのは、安心して育児に専念できる「環境」である

なのに男が「結婚なんてしたくないなぁ」と言い出すと、それは脅威であり不快である。


結論

自分の欲しいものは、自分で働いて手に入れろよ。
posted by 結婚は人生の墓場だ! at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚肯定派の人たち

結婚肯定派の人たち
●未婚女性
主婦ニート志望の日本の不良債権
●既婚女性
ダンナに結婚のデメリットを自覚されてしまったら、離婚されて路頭に迷うかもしれない。
こんなところで荒らしさんをしているような、鬼女なら離婚されるだけのことをしているだろう。
因みに現実には慰謝料なんて、夫から見るとちょっと借金すれば、払える程度の額しかもらえない。
弁護士会に相談してみよう。マスゴミのアフォ番組に踊らされていることが判る。子供がいれば別。

●高齢独身女性
もう既に結婚の交渉材料となるような物を失っている。その上男性の結婚離れが進めば、それこそヒキ・ヲタ
・デブ・ハゲ・チビのいずれかで妥協してタカル事もできなくなる。この不況・就職難の時代。女性は大変やね。

●既婚男性
結婚生活に実はちょっと不満がある連中。もし結婚がアフォらしいなんて、認識が広まるようなこ
とがあれば、自分のしてきたことがガラガラと崩れ去ってしまう。実は男を不幸にしている一番の
原因は、崩れかけたプライド。維持するよりも過ちを認める勇気こそが男を大きくする。ガンガレ!

●ブライダル関係者
男性の結婚離れが進めば、商売上がったり。実は男女関係を利用した商売は一番おいしい。
幻想を売り込むだけで決して安くは無い金額をガンガン払ってくれる。因果な商売ですなぁ。

●マスゴミ関係者・広告代理店
ブライダル関係者と利害の仕組みが実は似ている。世の中を見たまえ、恋愛・結婚原理主義者に
都合のいい広告宣伝の多いこと。ヒマ主婦がいなければ、昼間のTVは誰が見るのか?女性誌から
恋愛結婚の記事を除いたら何が残る??アパレル・宝飾関係は、恋愛・結婚原理主義者が支えて
いるようなもの。一部の飲食関係も含まれるだろう。
恋愛・結婚は掛け金もリスクも高いギャンブルだ。故にそこに付け込むおいしい商売に群がる
有象無象・魑魅魍魎が跳梁跋扈する。恋愛・結婚原理主義マンセー!!!


posted by 結婚は人生の墓場だ! at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚には3億かかる。

結婚には3億かかる。
子供2人育てて、家を買って、老後にも備えると、ごく普通の生活をしても
トータルで3億円になってしまう。

そして男性の平均年収は約600万。
男性が30歳から60歳まで働いても、1億8000万にしかならない。
まぁおまけで2億としよう。

すると、妻は残り1億を稼がないといけない。

妻もがんばって、20年間働くとして、
トータル1億円稼ぐには、毎月約42万円。
パート・バイト程度で42万は無理だろ。

女は出産すると仕事を辞めてしまうし、再就職しても月42万以上稼げる女なんて
ほとんどいないぞ。女医か女弁護士くらいだ。

今付き合ってる彼女がいたら、どうやって結婚せずに別れるか必死に考えろ
posted by 結婚は人生の墓場だ! at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独身と既婚、どっちが得だ?

独身と既婚、どっちが得だ?
「独身と既婚、どっちが得だ?」という比較をするなら、
収入や外見など、他の条件はほぼ同一と考えないと、
下のふたつの話と混ざってしまう。

「金持ちと貧乏人、どっちが得だ?」
「モテる奴とモテない奴、どっちが得だ?」

そして結婚派はたいてい
「金持ちの既婚者と貧乏な独身の比較」や
「モテる既婚者とモテない独身の比較」ばかりしたがる。

これは結婚そのものの本質から話をそらしたくて必死だからだ。

「同じ収入、同じルックス、同じ性格の男だったら
 結婚するより独身でいたほうが絶対に得だよ。」


posted by 結婚は人生の墓場だ! at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ある既婚者のひとりごと

ある既婚者のひとりごと
結婚して早1年がすぎた。
確かに自動的に飯が出てきたり、着た服が洗濯されたりはするが、
私自身が自由に使える金は稼いできた額の1割以下。
独身のころと比べると、明らかに好きな雑誌を買ったり興味本位で
新しいものに手を出す機会が激減した。
居を構え一家の主として家族をささえていくのだから
俺には大人としてその責任をまっとうし妻や子どもを幸せにする義務があるのだろう。
女として枯れかけている女房の機嫌をとりながら、自我を抑え、
ただひたすら毎日労働しなくてはならない。その苦渋はあと30年以上続く。

自分が独身だったころ、既婚者がなんとなく羨ましくみえたこともあった。
「温かい生活」への幻想と憧れがあったのだろう。だが既婚者となってからは
独身者がなんとも羨ましく見えて仕方が無い。と同時に自分自身の人生に
対する浅はかな志向や判断、計画性の足りなさを酷く悔いた。

既婚者の常套句の一つ「年を取ってから一人は寂しい」。それは分かる。
だが私の母は50後半にして病死した。残された60の父は
かつて妻や我が子に囲まれてくらした思い出の一軒家で
一人暮らしている。子が独立しこれからは夫婦だけで・・・という矢先のこと。
そうかと思えば、父の知り合いに、生涯独身で通し先ごろ市役所勤務を
定年退職した元公務員がいる。十分な退職金と年金を手にし、今は
毎日ゴルフ三昧だそうだ。一軒家を所有し、クラウンに乗り、
数千万の預貯金を持つその人は、残りの人生を体がうごかなくなるまで
趣味とゴルフに費やし、その後は家を売って老人ホームに入居するんだそうだ。

みなさんも一人だから寂しい。家族が居れば楽しいなんて安直な考えはすてて
自分はどう生きたいのか、何をしたいのか、今一度自問されてみてはどうかと思う。


posted by 結婚は人生の墓場だ! at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「結婚したい、ではなく、休みたい」

「結婚したい、ではなく、休みたい」
讀賣新聞 2003/02/18(Tue) 「幸せパレット」

都内PR会社に勤める28歳女性
「この人は私を休ませてくれる人かしら、っていつも値踏みしています」
と話す。大学卒業後、必死で働き続けてきた仕事は、深夜帰宅や持ち
帰り残業が当たり前。「そろそろ疲れてきたな」と感じ、結婚後も続けて
いきたいとは思えない。
「専業主婦にならせてくれる人と結婚して、さっさと辞めたい。子供も産み
たい。家事・育児は分担して欲しい。結婚しても、年に一度は海外旅行に
行きたい」。希望が次々と口をついて出る。
「虫のいい理想像」という自覚はある。でも、独身の友人と集まると「結婚
したいではなくて、みんな休みたいと言います。仕事と家庭を両立する
ぐらいなら結婚しない。それが大多数の女性の本音じゃないですか。」
posted by 結婚は人生の墓場だ! at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚相手の女性に求める最低条件

結婚相手の女性に求める最低条件
・25歳未満
・容姿端麗、BMI(肥満度指数)18未満→ 計測ページ
・年収400万以上
・育児休暇後、高給で復職し、定年まで働く

たったこれだけの「最低条件」をクリアできるのは数万人にひとり。
妥協するよりも、独身のほうがずっと快適。
したがって独身で過ごす。
posted by 結婚は人生の墓場だ! at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実際には3億を大きく超える費用が必要となる。

そして初めに挙げた1億というのは、生活費という最低限必要なお金
つまりどんなに頑張ってもこれだけかかるということだ

◆結婚には3億かかる◆

http://a-izumi.com/message/vol_4.html
>数字は、平均初婚年齢(男性29歳、女性27歳)で結婚した夫婦が2児をもうけ、
>平均寿命まで生きたとして、何にいくらくらいの費用がかかるかをまとめたもの

<結婚の総費用>
結婚資金  360万円
出産資金  100万円(2人分)
住宅資金  5600万円(諸費用込みで4000万円の物件を購入)
教育資金 1877万円(2人分)
介護資金 400万円
死亡整理金 230万円
緊急予備資金 300万円
保障資金 750万円
老後の生活資金  7600万円
現役時代の生活資金  1億0980万円
↑総務省家計調査(平成13年度)の勤労者世帯の
1ヶ月平均生活費をもとに試算

合計2億8197万円+税金+社会保険料
~~~~~~~~~~~~~~~~
この他さらに、人によって損害保険、車関連費用、大型レジャー、住宅リフォーム、
子どもの結婚援助資金、相続税納税資金などが必要

車だけでも生涯の維持費と買い替えで3000万円は必要。
実際には3億を大きく超える費用が必要となる。
posted by 結婚は人生の墓場だ! at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たとえ兼業夫婦でも、平均的な稼ぎでは破綻する。

たとえ兼業夫婦でも、平均的な稼ぎでは破綻する
現実に目を向けてみよう。
本当に、仕事も家事も完璧にこなす「損な女」が多いのか?
事実は違う。

男の平均年収は558万
女の平均年収は278万
(国税庁統計 平成13年)

この現実は、明らかに、女が男に経済的に依存している事を表している。
男女の平均年収が同じになったら、その時はじめて、男も家事を半分負担するよ。

もうひとつ「現実」をお話しする。
ひとつの目安だが、パートやバイトでは年収400万を越えるのは難しい。
どうしても、正社員で、ある程度の勤続年数が必要だ。
そして、統計を見ると・・・・

年収400万未満の女性・・・81.2%

これが現実だよ。
ちなみに一番多いのは「100万以上〜200万未満」の女性だそうだ。

国税庁の統計には、無職の人は入っていないから、81.2%というのは
いわゆる「兼業」に限った話。

実際は9割以上の女が、ろくに稼げていないわけだ。

<結論>
たとえ兼業夫婦でも、平均的な稼ぎでは破綻する。


posted by 結婚は人生の墓場だ! at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妻と子のために大金を払えるか?

妻と子のために大金を払えるか?
A)専業主婦+子供1人の結婚の総費用
B)独身の総費用

A−B=5960万円(モデルケース)

結婚してから死ぬまで45年として、毎月約11万円の支出増となる。
妻と子を持つ事に、はて、毎月11万を死ぬまで払いつづける価値はあるのか?

2ヶ月で22万、3ヶ月で33万、4ヶ月で44万、

・・・・考えると本当に大金と投じているのが良く分かる。

月11万円…計算方法で多少は揺らぐだろうが、
大金であることに変わりはないだろう。

しかし1人の成人が本気で努力していれば、月11万円の価値は創出できると思う。
ここでいう価値とは、給料明細に書かれた金額だけとは限らない。

月11万円を払っても納得できる女。近頃とんと見かけない。
費用ゼロでも関わりあいたくない女なら、ちらほら見かけるが。

毎月11万円払ってでも側にいて欲しい男を、想像してみるが良い。
そんな男と同じ価値を提供できるような努力を、
どれだけの女ができているだろうか。
posted by 結婚は人生の墓場だ! at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚のデメリット

●経済的負担があまりに大きく、生活破綻をきたす。
結婚後の生活は、相当な金がかかり、その負担はあまりにも大きい。
さらに離婚となると、慰謝料や子供の養育費は全て男性が支払い、これも莫大な
金額に上る。

●仕事に専念したくても出来なくなる、趣味も制限される。
要するに自由が無くなる。法的にも、精神的にも結婚はただの縛りでしかない。
結婚したところでなんらの特権や利権もない。メリットなし。

●白物家電の性能向上の恩恵で、家事が楽になり、男性一人でも充分暮らせる。
洗濯・炊飯・風呂・食器洗いはスイッチ一つで出来るようになり便利になった。
料理はむしろ、男のほうが上手であり、たとえ苦手であっても、コンビニや外食
産業のおかげで料理が下手でも平気。さらに、、
・某番組の「やってTRY」にみられる女性の料理技術の壊滅的状況。
・片つけられない女に象徴される、女性の生活力の破綻。
よって嫁さんもらってもなんら期待できない。

●極端なフェミニズムの台頭で男性が萎縮。
田嶋陽子が国民の代表である国会議員になってしまうこの御時勢、結婚して女性を
招き入れるなんて正気の沙汰とは思えない。

●現代女性の魅力や信用の低下、結婚そのものの魅力の低下
援助交際や主婦売春に見られる現代女性の貞操観念の破綻で、男性の大きい失望感。
ステップアップ離婚なども流行りだしており、女性の信用度も極端に低下している。
また幼児虐待やDV、不倫など結婚の魅力も極端に低下。


posted by 結婚は人生の墓場だ! at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚を迷っている若き独身男性諸君、結婚ほど馬鹿馬鹿しいものはない。

結婚を迷っている若き独身男性諸君、結婚ほど馬鹿馬鹿しいものはない。
今の20代、30代の女は「どうやって男にたかるか」を必死に考えている。
だまされるんじゃないぞ。

「結婚は1億円の無駄遣い」

実際は1億どころじゃ済まないけどな。子供ひとりで4000万の出費だ。
宝くじでも当たったら、考えてくれよ。

結婚した瞬間に、30年間の強制労働が約束される。
どんなにがんばって稼いでも、自分で使える金額は1日数百円程度になるぞ。
どうしても買い物がしたければ、妻に頭を下げて「お願い」するんだ。
そして「無い袖は振れません」と、あっさり却下される。
残りはすべて、ガキと女が「当たり前のように、何の感謝もなく」吸い尽くす。

それが現実だよ。

家事は極めて軽労働になった。
さらに、コンビニやインターネット、風俗関係も、ますます「嫁いらず」に拍車をかける
昔は男にとって結婚も妻も「必要」だった。今は「人生の不良債権」にすぎない
posted by 結婚は人生の墓場だ! at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。